新亜光学工業株式会社の人事の思惑とは

>

消費者が何を求めているのか、時代の流れをよく読める人材

工学系の学校で勉強すること

工学系の大学の学科の中でも特に電子情報工学科に進学すると、半導体や電子回路等を学びその道のスペシャリストとなるべく日々研究に明け暮れる毎日になると思います。

元々そういった方面に興味を持っている方が更に専門性を身につけるために勉強をして実践も積んでいくのですから卒業するころにはかなりの専門技術や知識を身につけることになるでしょう。

具体的にどのような勉強をするのかといえば、電力システムや電磁波、通信システムや光エレクトロニクスなど工学に関係するあらゆる方面のものを学んでいきます。
おそらくそれらの公式や図式などは一般の方からすれば暗号のようにしか映らないかもしれませんが、こういった専門的知識を身につけた方々のおかげで私たちは便利な生活を送ることが出来ているのですね。

卒業後の進路として

こういった大学や大学院を卒業された方々の就職先は様々なところがあります。
同じ物作りでも、自動車業界に進まれる方もおられますし、ガス会社などに進まれる方もおられます。皆が精密機器業界に就職されるわけではありません。こういった専門知識を身につけられている方々には様々な選択肢があるのです。その中でいかに優秀な人材を発掘するかは人事の裁量にかかっているといっても過言ではありません。
同じ工学を勉強していても、在学中にどれだけ成果をあげたのかは見た目では分かりません。厳しい審査基準を設け、新亜光学工業株式会社の方針にあいそうかどうかも重要なポイントになります。

実はこの新亜光学工業株式会社の社員達は割と社員同士の交流が深いことでも有名だそうです。いくら専門的知識が深くても、他人との意思疎通が図れないようであれば採用されることは難しいのではないでしょうか。


TOPへ戻る